瓦屋根にした事と庭を重視した為、敷地は隣家より広いのに家が小さく見える

隣の家は瓦の屋根ではなく、平たい屋根のため、屋根の飛び出した部分がなく、建築可能な範囲のぎりぎりまで建物を建てることができました。

一方、我が家は、瓦屋根で、壁から屋根がせり出しているるので、その分、建築可能範囲よりも内側に家の壁があるため、家の容積が少なくなりました。

また、趣味の家庭菜園をするために庭を広くとったので、土地の面積は隣の家よりも広いにもかかわらず、建物は小さくなり、隣の家にくらべて、こじんまりと見えてしまいました。

家を設計してもらう段階では、自分達のライフスタイルばかりを考え、趣味のためにと思って庭を広くとりましたが、周囲の家とのバランスは全く頭になく、考えてもいませんでした。

家を建てる際は、自分達の生活だけではなく、周囲の家とのバランスも考えて家の設計を行うべきでした。

家を建てる前に、実例見学などで夢ばかり膨らんでいましたが、実際に家を建てる土地の確認はおろそかになっていました。

設計を始める前に、実際に家を建てる土地の周囲の状況をよく確認して、その上で設計をする必要があったと思います。

また、設計中にも、実際に建てる土地に足を運んで、その場所に建つイメージを確認するべきでした。

おすすめサイト⇒https://鹿児島市注文住宅.com/