Contact us now
+1-888-846-1732

状況によって使い分けよう、クレジットカードとカードローン

生活を便利にしてくれるカードの存在

生活の中で使えるカードは、支払時に役立つことや急に現金が必要になった場合に便利な存在で、生活に密着している存在と言ってもよいでしょう。

それらのカード、と言えばクレジットカードもしくは、カードローンを思い浮かべる人も多いはずです。

どちらのカードもお金に関わるものであり、必要書類を提出し、審査を受けて晴れて使えるようになるものです。

審査に通過するまでの手続きなどは時間や手間がかかりますが、カードを作った後は生活を便利にしてくれる頼れる手段にもなります。

さて、実際にカードを作ろうと思った場合、クレジットカードとカードローンのどちらが良いのでしょうか。

これらの二つのカードは似ているようで、使途目的やメリットに違いがあります。
どんな時にどちらのカードが役に立つのかを知り、自身の使い道に合わせて作るようにしたいですね。

カードローンは「現金」を用意できるカード

日本国内ではまだまだ現金で支払をするケースが多く、クレジットカードに対応していない事も多々あります。

現金を使用して支払をするケースが多い場合は、クレジットカードよりもカードローンの方が良いでしょう。

カードローンは急な出費がかさんでしまい、どうしてもすぐに手元に現金を用意しておかなくてはならない、といった事態にも役立ちます。

また、設定された限度額内であれば自由に現金を借り入れすることができるメリットは大きいと言えます。

24時間営業のコンビニに設置されているATMが利用するカードローン会社と提携していればいつでも引き出すことができます。

借り入れをしているという感覚と意識だけ注意すれば、現金が必要なシーンにすぐに対応でき、手軽に利用できる点が大きな魅力です。

クレジットカードは買い物やサービスの支払、一時的なキャッシングに

クレジットカードは食事や買い物などの支払に使え、一時的な現金を借り入れするキャッシングにも対応しています。

また、信用払いとなっているので支払は翌月以降になるという点もあります。

信用払いは無担保での貸し出しにに近い意味合いがありますが、借り入れとは異なります。

但し「信用を借りて支払っている」という意識は持っていたほうがよいですね。

クレジットカードにはカードローンのように現金を借り入れできるキャッシング枠がありますが、これはあくまでも一時的な利用として携えるようにしておきましょう。

クレジットカードに付与されているオプションのようなサービスですから、カードローンと比較すると利息や融通の面ではあまり使い勝手が良いとは言えません。

現金を多く利用するのであればカードローンの方がメリットが大きいので、クレジットカードは買い物メインで作るようにしましょう。

どちらのカードもお金に関係する大事なカード!

大まかに分類すると、現金を借り入れするならカードローン、買い物をするならクレジットカードとなりますが、どちらもお金に関わる大切なカードです。

どちらかを選ぶのも、両方作って用途にわけて使い分けるのも自分自身に適した使い方をすれば生活に役立てる便利なカードになります。

カードを作り利用する際には、出費や支払の管理はしっかり行うようにしましょう。

「急な用事が入って今日中にお金が必要になった…」「とにかく今すぐにお金を借りたい」そんな方のために当サイトが全力を尽くしてあらゆる角度からカードローンを解説!!各種カードローンを比較して賢い選択をしよう!!
参考:カードローンおすすめトライ※カードローン審査や金利の比較

危険な落とし穴「審査無し」の言葉にだまされないために

審査不要の融資は本当にあるのか

通常、カードローンの申込をするとその後、必ず審査を受ける運びとなります。
カードローンは基本的に無担保、保証人などが不要ですから、申込者にお金を融資できるかどうか、また限度額はどれくらいにして貸せるかを判断するために審査を行うことが必須となるのです。

ローンや融資には様々な形態がありますが、「お金を貸す」ということは、その人が「お金を貸すに値するかどうか」を審査しなくてはなりません。

それだけお金は重みがあるものなのです。

しかし、そうわかっていても人間心のどこかで、「審査無しでお金を貸してくれるところがあったら・・・」などと考えてしまうこともあります。

特に逼迫した状況に追い詰められている人は、ありえないと理解していてもこのような想像をしてしまうことがあるのです。

世の中に美味しい話は存在しない

審査が一切必要ないカードローン、それは存在しないと考えましょう。

ヤングローンには在籍確認の電話連絡はありませんが、審査は必ずあります。

万が一、どこかで「審査不要」「審査無しで借入できます」というような言葉を見かけたら注意です。

そのようなキャッチフレーズを掲げたローンは、間違いなく闇金業者、悪質な業者と考えて間違いありません。

闇金と呼ばれる業者を利用した場合、確かに審査はありませんが、法外な金利で貸出されるため、その後の返済は絶対といってもいいほど不可能な状態に陥ります。

ほんの少しの借金のつもりがどんどん膨らんで自己破産に陥る、毎回の取立てで精神崩壊なんてこともありうるのですから、闇金だけには絶対に手を出さないようにしましょう。

世の中に美味しい話は存在しないとよく言われますが、タダより怖いものもないのです。

審査は、タダでお金を貸す事が難しいために行われているわけですから、審査が無いということは、裏には違法行為が絡んでいると考えておきましょう。

逆に考えると、審査があるカードローンは安心できる業者といえます。

安全で信用できる業者かどうかは、審査があるかないかですぐに判断できます。

甘い話に釣られる事なく、審査に時間がかかっても安心できる業者からお金を借りるようにしましょう。

過信することなく常に注意を払うこと

私は大丈夫、そんなのにだまされないと思っていても、お金に追い詰められてしまう状況になると冷静な考え方や判断ができなくなるものです。

ですから過信することなく、万が一の状況になってしまった時こそ落ち着いて、正しいカードローンを組むようにしましょう。

消費者金融ならば即日の融資も可能であったり、審査がそこまで厳しくないところも数多くあります。

必ず審査を受けて、正規のカードローンを利用するようにしましょう。

法人用のカードローンって?これは経費になるの?

法人でも使えるカードローン

カードローンは上手に活用すれば私達の生活をより豊かに、そしてより快適にすることができます。

用途が自由に利用できるカードローンは担保もなく、そして融資限度額内であれば何度でも借入できるといった特徴を持ち、とても便利に利用できるカードなのです。

例えば、友人の結婚式が今月2回もある、お正月帰省したいけど姪や甥にあげるお年玉がない、などといった時も活用することもできるのです。

このように便利なカードローンは個人で利用することが多いのですが、中には法人や事業者向けのカードローンというのも存在します。

大体の金融機関では法人向けのカードローンも用意しているようです。

クレジットカードであれば、法人カードがあり社員が出張や接待などで利用することができ、規定は会社によって異なると思いますが経費扱いされるのがほとんどです。

クレジットカードであれば使用内容は全て明確にすることができ、社員が立替えなければいけないと言うこともないのです。

そうなると法人用のカードローンを利用した場合は経費としてみとめられるのか、疑問に思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

法人カードローンは経費になるのか?

法人用のカードローンの借入は経費になるのかどうか気になるところですが、ローンは基本的には経費にはならないようです。

ただ借入したお金を使って会社の備品を購入したり、お客様を接待したり何か手土産を買ったなどと言うことになれば話は変わってきます。

それらは経費として認めされる場合が多いので、もしそのようなことに利用したのであれば領収書や利用明細はしっかりと取っておくようにしましょう。

また金利は経費として認められる可能性があるので、金利や手数料といったものはしっかりと理解して管理しておくことが大切です。

カードローンを仕事上で利用すると言っても会社のお金には変わりありません。

その辺をしっかりと認識し、限度を守って使用することが個人であっても法人であっても重要なのです。

会社のカードということを忘れずに

カードローンはこのように使い方によっては経費とみなされますので、中には利用している、という会社もあると思います。

お金を借りているということをしっかりと考え、社員一人一人が利用すれば上手に活用できるのではないでしょうか。

カードローンは個人で使うのとどうよう手軽に利用できてしまいます。

だからだといって無駄に使うことのないように、経費で落とせるものは領収証をしっかりともらい、明細書も忘れずにもらってくることが大切です。

キャッシングは世間の評判より利用方法重視で決めましょう

インターネット上には様々な消費者金融についての口コミ、評判、評価などを掲載しているサイトが数多く存在します。

その多くのサイトでランキング上位に名を連ねるがアコムです。しかし、ランキング上位だからと言って良い評判だけではありません。

特に審査については様々な口コミがありました。「ダメだと思っていたのに貸し出し限度額が小さかったから審査に通った。」という口コミもあれば「何が悪くて審査に通らなかったのかわからない。」など・・・。

申込みした人の現状はわかりませんので良い悪いはわかりませんが、様々な意見があるのは事実です。

インターネット上に溢れている情報の信ぴょう性は決して高いモノではありません。参考程度に考えるのが良いのですがあまりにも情報がありすぎてどれを信じて良いのか悩むところでもあります。

数ある口コミを読んでみましたが利用者の多くは総じてアコムを大手消費者金融と認め、期待しているということが感じられました。

その事から消費者金融の大手のアコムであれば初心者でも安心してキャッシングできる消費者金融の1つといっていいのではないでしょうか。

数多くの消費者金融が「サラ金」と言われた頃の怖いイメージから脱却できない中で、アコムはいち早くそのイメージを払拭した会社です。

1994年の株式上場を契機に裏社会との関係をきっぱりと断ち、健全な会社としてサラ金というイメージの払拭に注力してきた結果、今では優良な顧客を獲得し、上々な評判を得ることに成功しています。

新人女優を使ったテレビCMもアコムのイメージを劇的に変えた一因でもある気がしています。

ここまでアコムの事について色々書いてきましたが評判が良く大手の消費者金融=自分にとって使いやすい消費者金融ということを表している訳ではありません。

世間の評判がいくら高くても自分にとって利便性の高いモノでなければ自分にとっての良い消費者金融とは言えませんからね。

消費者金融の大手のアコムだから利用していと思うのも間違いではありません。あれだけCMで目にすればそう考えるのも納得です。

しかし、数多くある消費者金融のキャッシングローンについてじっくり調べ、比較検討する時間を持ってもいいのではないでしょうか。自分の収入、借入額、支出など総合的に考えてしっかりとした返済計画を立てた上で自分に最も適していると思われるキャッシングローンを選んでください。

キャッシングローンは世間の評判だけでは決められるものではないと思っています。

評判が気になってしまうのもわかりますが、評判を信じて変なキャッシングローンを申し込んでしまっても口コミをした人は責任を取ってくれないません。焦らず、じっくりと検討してみてください。